様々なカラーゴールド(K18)はどうやって出来る?

今回はDay0のカラーゴールドを中心に金合金の話をしたいと思います。


日本の結婚指輪ではプラチナを選ぶ方が大半ですが、海外ではゴールドの指輪が主流です。

プラチナとは違い金はカラーバリエーションも豊富なので、様々なファッションアイテムとしても、結婚指輪としてもあなただけの特別なカラーを選ぶことができます。


金の歴史と希少性

金は古くは紀元前より価値のある金属として装飾品や貨幣に利用されていました。

酸やアルカリにも強く腐食せず電気伝導率の良さや加工性に優れ、何千年も経過した現代においてもその希少性は変わらずにいます。

これまでに採掘された量は約18万tに及びますが地球上には残り5万t程度しかないと推測され、現在の採掘ペースだと10年後には枯渇する説もあり、価格高騰の理由にも納得できる希少性です。

 

<金の純度>

そのような希少な金属である金ですが、純金では柔らかすぎて耐久性に劣ってしまうなどの理由から純金で出回ることは稀で、ほとんどの場合は他の金属を混ぜてから加工されます。
24分率で純度を表す金は、24Kを純金とし、18Kでは18/24で75%、10Kでは10/24の約42%という具合に、純度を下げて加工しやすく耐久性を持たせるのです。

 

<金合金>

主な混ぜ物は銀・銅・パラジウムなどが一般的です。
銀を主体に混ぜていけば黄金色は薄くなり、黄緑色のグリーンゴールドや薄い黄色のイエローゴールドに、 銅を主体に混ぜていけば赤みを持つレッドゴールドやピングゴールドに、 パラジウムを主体とすると白味が増し、ホワイトゴールドになります。

その他の金属も使用し配合を変えることで、まるで絵の具のように新たな色を作れるのです。

 

Day 0で扱うカラーゴールド

Day0では金の純度を18Kに据え置いたまま8種類ものカラーゴールドを用意しました。 好みの2色を繋げるMultipleシリーズや、フルオーダーになる木目金で何層にもカラーゴールドを重ねることも可能です。 あなただけの特別なカラーを身につけてはいかがでしょうか。 

カラーゴールドコレクションを見る

木目金コレクションを見る

 

公式LINEアカウントでは、カラーゴールドを始めとした商品に関するご相談や、サイズや刻印などの細かなご要望などについてお気軽にお問い合わせ頂くことができます。

 

筆者プロフィール
丸藤 皓平
東京藝術大学工芸家鍛金専攻修士課程修了 Day0ディレクター兼制作者 工芸やアート作品を制作発表する傍ら、東京で彫金・鍛金技法を教える講師として活動。 5000本以上の指輪のプロデュースをした経験から2022年よりジュエリーブランド《Day 0》を立ち上げる。

Day 0 Magazine

RSS
サファイア ジュエリー パワーストーン ファッション 宝石 誕生石

9月の誕生石《サファイア》解説!

Day0

毎月の誕生石解説シリーズ第4弾,8月の誕生石《サファイヤ》です! 誕生石のまとめ記事とあわせてお楽しみください。 https://note.com/day0/n/nda89e04162f0   《サファイア》 和名:青玉(青玉) モース硬度:9 産地:スリランカ、ミャンマー、カシミール、ベトナム、マダガスカル等 石言葉:慈愛・誠実・崇高    <色と性質> 4大宝石のうちの一つ、青色に美しく輝く宝石。 コランダムという酸化アルミニウムの結晶から成り立ち、且つ宝石として扱われる品質のものを《サファイア》と呼びますが、実は《ルビー》と同じ化学式であり、赤色のコランダムが《ルビー》、それ以外の色をサファイヤと呼びます。 故に《サファイア》の色は青だけではなく、ピンクやイエロー、ホワイトとカラー豊富に存在します。 硬さはダイヤモンドに次ぐモース硬度9。 とても傷つきにくく、人工的に生成された《サファイア》は研磨剤やスマートフォンや高級腕時計のガラス(サファイアガラス)にも使用されます。     <歴史> 《サファイア》の歴史記述は古代ローマ時代からあるとされています。 聖書にも名前を残す《サファイア》ですが、その多くはラピスラズリであり、当時から青い宝石を総称して《サファイア》と呼ばれていたのではないかという説があります。 中世ヨーロッパでは権力者や王族に好まれ、現在でも忠誠の証として王族のプロポーズなどにも使用されています。 チャールズ皇太子が故ダイアナ妃に贈った12ctの婚約指輪も《サファイア》でした。    ...

もっと見る

8月の誕生石《ペリドット》解説!

Day0

毎月の誕生石解説シリーズ第3弾,8月の誕生石《ペリドット》です! 誕生石のまとめ記事とあわせてお楽しみください。 https://note.com/day0/n/nda89e04162f0   《ペリドット》 和名:橄欖石(かんらんせき) モース硬度:6.5-7 産地:ハワイ、アリゾナ、中国、ミャンマー 石言葉:幸福・平和・夫婦の愛   <産出と色> 地球内部のマントルで形成され、火山付近で産出されます。 かつてエジプトで初めて産出されたとされていますが、現在は枯渇しており、アメリカアリゾナ州などで採れたものが多く流通しています。 また、ペリドットが他の宝石の中でも珍しい個性として、地球外でも存在が確認されていることです。 地球に落下した隕石内で見つかったり、火星にも存在ことが分かっています。 色は透明感のあるオリーブグリーン。 鉄分が多いほど濃い緑色に、マグネシウムが多いほど、黄色味が強くなります。   <歴史> ペリドットは月夜でも輝くため、古代エジプトでは「黄金の太陽」を象徴する石として崇められ、闇を祓う魔除けとしての効果があると信じられていました。 そのためクレオパトラが愛した《エメラルド》は同じ緑色の《ペリドット》ではなかったのか、という説もあります。 それほどに美しかったのですね。   <性質> モース硬度が7と、比較的固い部類の宝石です。...

もっと見る