自分だけの宝石を手に入れよう!ダイヤモンド以外の宝石の良し悪し

 

今回は宝石の良し悪しと選び方について解説いたします。
ダイヤモンドについての記事は他社さんでもよく見かけますが、それ以外の宝石の良し悪しに関する記事はあまり見かけません。
しかし、ダイヤモンド以外の宝石にも質の良し悪しは当然存在します。
そして宝石は誰でも宝石店などで誰でも購入することができるのです!
この記事では宝石の良し悪しの見極め方とお店での選び方を解説いたします。
以前の誕生石の記事と共にお楽しみください。
https://note.com/day0/n/nda89e04162f0

良し悪しに関して結論から申し上げますと宝石の良し悪しはダイヤモンドと見極めるポイントは同じです!
よく言われる4C
・カット(研磨の精度)
・カラー(色)
クラリティ(内包物)
カラット(大きさ)
を他の宝石にも当てはめて考えれば良いでしょう。
しかしながら、ダイヤモンドはGIA(米国宝石学会)等の鑑定した基準があるのに対してその他の宝石はこのような基準は基本的に存在しません。
宝石の製造業者・仕入業者が独自の基準に則ってランク分けされており、ランクそれぞれに決められた名称がついている訳ではありませんが、大体は各値段別に分けられています。
値段が高ければ質が良いものがあるのは当然なのですが、同じランク内でも差がありますので筆者が実際に行なっている見極め方法を順を追って説明いたいます。
宝石を自分で選びたい方は是非実践してみてください。

①宝石店に行く
まずは宝石店に出向きます!
関東ですと東京御徒町をはじめ山梨甲府も宝石ジュエリー産業が盛んですね。
関西は大阪や神戸に店舗が集中していると思います。(私は東京のため関西まで仕入れに行きませんが・・・)
宝石店ではルースと呼ばれるジュエリーなどになる前の宝石だけの状態で販売があります。
原石ではなく、きちんと輝きがある状態です。

②買いたい宝石を伝える
店舗によっては数万種の宝石がありますので、探している宝石を伝えましょう。
例えば5月の誕生石であるエメラルドを買いたいとします。
形も実に多様で、ダイヤモンドでイメージするラウンドブリリアントカット、長方形のステップカット、ドーム型のカボションなどがあります。
好みの大きさ形を伝えたら、在庫のある宝石を見せていただきます。

③じっくり観察
観察する際はダイヤモンドの4Cに照らし合わせます。
・カラット
大きさは店員さんに伝えれば良いのですが、筆者は購入後ジュエリーにすることを考えて選びます。
・カラー
エメラルドだと緑色の深い個体が良質だとされていますが、濃過ぎて色味や輝きがないものもあるので注意しましょう。
エメラルド以外も色の濃い方がいいとされて宝石が多いですが、カラーダイヤモンド等もある通り直感で好きな色味を選んでもいいと思います。
・クラリティ
初めて宝石をじっくり見る方には難しいですが、ルーペでしっかり見ると宝石にはヒビや不純物がある物です。
特にエメラルドはヒビの入っていない個体はほぼないと言われているので、できるだけヒビの少ないもの、そしてインクルージョン(ほこりのような不純物)の少ないものが良いでしょう。
・カット
最後は更に細かく見ます。
カットは正円が狂っていないか、反射が均等か、研磨の跡が残っていないかを確認します。
宝石のテーブル(上面の平ら)を正面からルーペで確認し、微かに見える星形のような反射が均等な対照になっているか、角度も変えながら確認しましょう。


良い個体を探していると何十個もあった宝石の中から厳選できるのは、ごく少数なんてことも。
筆者は宝石によって数社の宝石店を使い分けますが、それでも納得のいく個体がない時もあります。
しかし、質の良い個体というだけではなく自分のジュエリーに使う宝石は自分で選んでみるのも愛着が湧くのではないでしょうか。
宝石店が近くにない方、宝石選びに自信がない方、Day0の宝石は一点一点必ず職人が実際に確認し、仕入れています。
誕生石を入れるサービスもありますので、気になったことがありましたらお気軽にご相談ください!

公式LINEアカウントでは、カラーゴールドを始めとした商品に関するご相談や、サイズや刻印などの細かなご要望などについてお気軽にお問い合わせ頂くことができます。


筆者プロフィール
丸藤 皓平 東京藝術大学工芸家鍛金専攻修士課程修了 Day0ディレクター兼制作者 工芸やアート作品を制作発表する傍ら、東京で彫金・鍛金技法を教える講師として活動。 5000本以上の指輪のプロデュースをした経験から2022年よりジュエリーブランド《Day 0》を立ち上げる。

Day 0 Magazine

RSS
サファイア ジュエリー パワーストーン ファッション 宝石 誕生石

9月の誕生石《サファイア》解説!

Day0

毎月の誕生石解説シリーズ第4弾,8月の誕生石《サファイヤ》です! 誕生石のまとめ記事とあわせてお楽しみください。 https://note.com/day0/n/nda89e04162f0   《サファイア》 和名:青玉(青玉) モース硬度:9 産地:スリランカ、ミャンマー、カシミール、ベトナム、マダガスカル等 石言葉:慈愛・誠実・崇高    <色と性質> 4大宝石のうちの一つ、青色に美しく輝く宝石。 コランダムという酸化アルミニウムの結晶から成り立ち、且つ宝石として扱われる品質のものを《サファイア》と呼びますが、実は《ルビー》と同じ化学式であり、赤色のコランダムが《ルビー》、それ以外の色をサファイヤと呼びます。 故に《サファイア》の色は青だけではなく、ピンクやイエロー、ホワイトとカラー豊富に存在します。 硬さはダイヤモンドに次ぐモース硬度9。 とても傷つきにくく、人工的に生成された《サファイア》は研磨剤やスマートフォンや高級腕時計のガラス(サファイアガラス)にも使用されます。     <歴史> 《サファイア》の歴史記述は古代ローマ時代からあるとされています。 聖書にも名前を残す《サファイア》ですが、その多くはラピスラズリであり、当時から青い宝石を総称して《サファイア》と呼ばれていたのではないかという説があります。 中世ヨーロッパでは権力者や王族に好まれ、現在でも忠誠の証として王族のプロポーズなどにも使用されています。 チャールズ皇太子が故ダイアナ妃に贈った12ctの婚約指輪も《サファイア》でした。    ...

もっと見る

8月の誕生石《ペリドット》解説!

Day0

毎月の誕生石解説シリーズ第3弾,8月の誕生石《ペリドット》です! 誕生石のまとめ記事とあわせてお楽しみください。 https://note.com/day0/n/nda89e04162f0   《ペリドット》 和名:橄欖石(かんらんせき) モース硬度:6.5-7 産地:ハワイ、アリゾナ、中国、ミャンマー 石言葉:幸福・平和・夫婦の愛   <産出と色> 地球内部のマントルで形成され、火山付近で産出されます。 かつてエジプトで初めて産出されたとされていますが、現在は枯渇しており、アメリカアリゾナ州などで採れたものが多く流通しています。 また、ペリドットが他の宝石の中でも珍しい個性として、地球外でも存在が確認されていることです。 地球に落下した隕石内で見つかったり、火星にも存在ことが分かっています。 色は透明感のあるオリーブグリーン。 鉄分が多いほど濃い緑色に、マグネシウムが多いほど、黄色味が強くなります。   <歴史> ペリドットは月夜でも輝くため、古代エジプトでは「黄金の太陽」を象徴する石として崇められ、闇を祓う魔除けとしての効果があると信じられていました。 そのためクレオパトラが愛した《エメラルド》は同じ緑色の《ペリドット》ではなかったのか、という説もあります。 それほどに美しかったのですね。   <性質> モース硬度が7と、比較的固い部類の宝石です。...

もっと見る